• 特選米沢牛 選べるギフト券
  • 登起波厳選 ご贈答用セット
  • お食事処 すき焼き 登起波
  • 登起波分店 米沢牛 登

登起波の歴史

米沢牛と登起波の歴史

米沢牛と登起波の歴史 米沢牛は、江戸後期に洋学を進んで取り入れていた、米沢藩のおかかえ医者が滋養源として用いており、さらに遡れば、上杉鷹山公が刊行した「かてもの」の中で、肉類の保存についての記述があることからも、この地で長い歴史がございました。

明治8年、藩校興譲館に「御雇外国教師」として招かれていたチャールズ・ヘンリー・ダラス氏が、米沢を去るにあたり、友人への土産をかねて横浜に米沢牛一頭を持ち帰りふるまったところ、その美味しさに一同感嘆し、一躍知名度が高まりました。

明治27年10月、「登起波牛肉店」が初代 尾崎庄吉により、米沢市あら町に開店いたしました。当時は秋から北側倉庫の雪ムロに、冬の間に集めて踏み固めた雪がなくなる6月頃までが牛肉の販売期間だったと伝え聞いております。

現在、米沢の牛肉店の中では、一番古くから営業している牛肉店として、確かな品質と味にこだわり、「米沢に登起波あり」との評価を頂戴し、代々変わらぬ美味しさを守りつづけております。

尾崎 庄吉
明治27年10月米沢で一番古くから営業している牛肉屋として
「登起波牛肉店」が初代尾崎庄吉により米沢市あら町(米沢市中央5丁目)に開店。
縁起をかつぎ「波を起こし、登龍」。
昇龍昇運の願いを屋号に託したのが店名の由来となっている。
尾崎 世禄
登起波漬の発案者(明治30年頃)。宮内庁のお買い上げを賜る。
これを機に米沢牛の名物となる。昭和30年、県の依頼により観光物産名物にするために
製法を公開する。保存性の高い登起波漬は、クール宅配便ができるまでは
米沢の代表的なお土産として県外に発送される。
尾崎 茂一
大正2年生まれ。高校を卒業してから商売の勉強のため商家へ修行に行く。
昭和8年米沢に戻り家業の肉屋を継ぐ。戦中戦後は配給制で牛肉を商う。
昭和56年まで30年間店主として米沢牛の業界にも貢献する。
尾崎 祐二
登起波漬の発案者(明治30年頃)。宮内庁のお買い上げを賜る。
これを機に米沢牛の名物となる。昭和30年、県の依頼により観光物産名物にするために
製法を公開する。保存性の高い登起波漬は、クール宅配便ができるまでは
米沢の代表的なお土産として県外に発送される。
尾崎 仁
平成7年東京農業大学畜産学科を卒業、その年11月に4代目が亡くなり5代目店主となる。
現在のハム・ソーセージは大学時代に東京吉祥寺のケーニッヒにて修行。
平成10年には2階3階の飲食部門を改装。
全テーブルに無煙炭火ロースター(網焼きのみ炭火)を導入、新メニューに炭火網焼きが加わる。
平成16年9月。飲食部門の支店 登起波分店「登」(のぼる)をオープン。
米沢牛肉をもっと気軽に味わえる店として、牛丼、牛鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、炭火網焼きなど、本店よりもリーズナブルな価格で提供している。
このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。
米沢牛老舗 登起波牛肉店
サイトナビ

PAGE TOP